相続手続き

法定相続人とは

法定相続人とは、遺産相続が起こったときに相続人になるべき人のことをいいます。

法定相続人には順位があり、高順位の人から順番に相続をしていくことになります。このことにより、被相続人にたくさんの親族がいる場合でも、誰が相続人になるべきかが明らかになって権利関係を簡単に定めることができます。

配偶者・・・・常に相続人になる
子・・・・・・第1順位
直系尊属・・・第2順位
兄弟姉妹・・・第3順位

 

被相続人に子がいる場合は、配偶者と第1順位である子またはその孫・ひ孫(代襲相続人)が相続人となります。

被相続人に子も孫・ひ孫(代襲相続人)もいない場合、配偶者と第2順位である父母・祖父母(直系尊属)が相続人となります。

被相続人に子も直系尊属もいない場合、配偶者と第3順位である兄弟姉妹またはその甥・姪(代襲相続人)が相続人になります。

  

法定相続分とは

法定相続分とは、それぞれの法定相続人に認められる遺産の取得割合のことをいいます。

配偶者のみ・・・・・配偶者100パーセント
配偶者と子・・・・・配偶者2分の1、子(全員で)2分の1
配偶者と父母・・・・配偶者3分の2、父母(全員で)3分の1
配偶者と兄弟姉妹・・配偶者4分の3、兄弟姉妹(全員で)4分の1

子供、直系尊属、兄弟姉妹が2人以上いるときは、均等に分けます。たとえば、被相続人に配偶者と子供3人がいる場合は、配偶者が2分の1、子供は2分の1を均等に3人で分けるため、それぞれ6分の1ずつの相続分になります。

法定相続分で決まるのは、取得割合のみなので、具体的に何をもらうかについては、遺産分割協議をして相続人らが決める必要があります。

 

  

相続手続きの流れ

 
相続の開始
被相続人の死亡により相続が開始します。

遺言書があるかどうかの確認
遺言書がある場合は、自筆で書かれているのか又は公証役場で作成されているのかを確認します。

相続人の調査・確認
相続人が誰になるのか確認します。
戸籍を収集して相続人を調査します。

相続財産の調査
不動産、預貯金、株等。
財産の中には負債も含まれます。

遺産分割協議
相続人の間で誰が何を相続するかを決めます。
遺産分割協議書を作成します。

遺産の名義変更手続き
不動産の所有権移転登記手続き、
車の名義変更手続き、
預金口座の名義変更手続き等行ないます。

相続税の申告手続き
※申告が必要な場合は、被相続人の死亡を知ってから10か月以内に!!

 

  

  

相続関係の料金(消費税別)

  

相続人調査(戸籍収集)     20,000円~50,000円
遺産分割協議書作成 10,000円~
相続関係説明図 10,000円~
所有権移転     50,000円~
住所・氏名変更 10,000円~
登記事項証明書取得1通 1,000円
遺言書 作成 80,000円~   
遺言書 文案チェックのみ

15,000円~

  

相続についてのご質問はQ&Aもご参照ください。

 

 

 

  

司法書士さくらリーガルパートナー・行政書士さくらリーガルパートナー
司法書士さくらリーガルパートナー・行政書士さくらリーガルパートナー

■営業時間:9:00~18:00

■定休日:土曜日、日曜日、祝日

■住所:〒422-8074 静岡市駿河区南八幡町5番15号

■電話番号:054-283-4750

■FAX番号:054-281-4831

Copyright (C) さくらリーガルパートナー All Rights Reserved.