ブログ

2020.02.13

国際業務研修(外為法)

第3回事務所内国際業務研修会を行いました。

 

第3回目では、外為法の手続きについて取り扱いました。

 

外為法の正式名称は「外国為替及び外国貿易法」といいいます。

外為法は、「外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、対外取引に対し必要最低限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展並びに我が国又は国際社会の平和及び安全の維持を期し、もって国際収支の均衡及び通貨の安定を図るとともに我が国経済の健全な発展に寄与することを目的とする」とされています。

司法書士、行政書士の業務上関与することが多いものには、資本取引、対内直接投資、支払い等が外為法で規制されており、状況に応じてに届出や報告等をする必要があります。

外為法は、我々専門家の間でもあまり認知度は高くなく、国際業務を行わない士業にとっては未知の手続きです。

 

当事務所では、士業の方からのご依頼も承ります。

設立した会社の発起人に海外居住者がいる場合や、海外居住者が別荘や投資目的で日本の不動産を購入した場合等、必要に応じて外為法の手続きをサポート致します。 

お気軽に当事務所までお問い合わせください。

 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

司法書士さくらリーガルパートナー・行政書士さくらリーガルパートナー
司法書士さくらリーガルパートナー・行政書士さくらリーガルパートナー

■営業時間:9:00~18:00

■定休日:土曜日、日曜日、祝日

■住所:〒422-8074 静岡市駿河区南八幡町5番15号

■電話番号:054-283-4750

■FAX番号:054-281-4831

Copyright (C) さくらリーガルパートナー All Rights Reserved.